2019年05月01日

樹海のような東京都内の道路とタクシー運転手

私の周囲でカーシェアリングが流行っていて、そろそろ自分でも実際に利用したいと考え始めました。
3~4人で割り勘したら、すごく安い価格でドライブが楽しめるなあと思って。

そこで、一緒に出掛ける有志を社内で募りました。
基本、みんなで平等にハンドルを操作する、割り勘などなど。
細かいルール決めをして、いざ決行日も決まりました。

会社近くのパーキングからセルフで借りられる車をレンタル。
まずは、私は助手席に乗って、Aが運転。
B、Cが後部座席です。

最初は、普段から乗り慣れていないAの運転に奇声続出。
Aは焦ってしまい、「お願いだから黙っていて!」と絶叫していました。

そして、ついに私の出番です。
緊張のあまり、ブレーキとアクセルがわからなくなってしまい、思わず確認してしまいました。
「大丈夫なの~?」と心配されるも、発車してしまえばどうにかなるもんです。
ただ、車線変更が難しいですね、都内は。
車の数が多いからなのでしょうが、ウインカーを出してから、実際に車線変更するまでのタイミングが掴めません。

仕方がないので、やたらめったらノロノロ走り、やっとの思いで車線変更成功です。
超疲れました。
慣れない運転は、やっぱり大変です。

よく、タクシーの転職 東京都でおすすめなんて聞きますが、運転し慣れていない人がいきなりプロになるってあり得ないと思うんです。
だって、東京生まれの私がこれだけ大変だったのですから。
まして、上京してきた人だったら、絶対に苦労するに違いありません。

でも、実際は東京生まれではない人もたくさんタクシー業界へ転職しているのだそうです。
驚き!
きっと、研修とかあるのでしょうが、私だったら耐えられないわあ。
あの緊張感。
お金をもらってお客さんを乗せるなんて、あり得ません。
まあ、そこがアマチュアである私とタクシー運転手さんたちプロの違いなのでしょうね。

とにもかくにも、カーシェアリングの有意義さは大いに理解しました。
割り勘だから、電車賃を払って遠出をするよりもずっとリーズナブルです。
しかも、時間に追われない自由さがたまりません。
お菓子食べたり、コーヒー飲んだり、自由きまま。

ちょっと慣れたら、少し足を延ばしたいと考えています。
海とか紅葉を見に行くとか。
温泉もいいわあ。
夢は大きく膨らみます。

あとは、自分のドライビングテクニックを磨くだけ。
自家用車じゃないから、毎日練習するというわけにはいきませんが、ヤル気だけはマンマン。
さて、今度はいつお出掛けできるかな?
posted by 0529 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください